オカンハック

母親目線での「便利!」を備忘録的に書き溜めていこうと思います。

8月に仕込んだ味噌を解禁しました。

8月の様子はこちら。

その後の経過はこちら。

半年経って、味噌がなくなったタイミングで解禁しました。

今日の味噌汁は、豆腐とチンゲンサイ
市販の味噌が入ってた容器に、一部詰め替えました。

飲んでみたら、とてもまろやか。

大豆の粒がまだ残っていて、溶けにくさがあるものの、豆の旨味を感じます。

放っておいて、たまに様子を見るだけでいいなんて、意外と楽チンなんですね。
途中でカビだ部分を捨てたとはいえ、まだまだ4ヶ月くらいは味わえそう。
食べている間も、更に発酵が進んでいくとおもいます。
生き続けている発酵食品は、その変化も楽しいですね。

味噌作りを主催してくれたアズサちゃん、ありがとうございます( ´∀`)

フジカラーのお店で「ましかくプリント」

フジカラーのお店で、「ましかくプリント」キャンペーン中です。
アンケートに答えると、ましかくプリント代が5枚分サービスされます。
キャンペーン期間は2017/4/30までです。

インスタの写真は正方形。
そのままプリントすると、余白ができてしまいます。
余白分をきれいに切れればいいんですが、うまくサイズが揃わなかったり、斜めになったりして、美しくないんですよね…

この「ましかくプリント」なら、正方形の写真用紙にきっちり印刷してくれます。
フリー台紙に貼るのはもちろん、
今なら各店舗先着100名様に、ましかくプリント用のアルバムをプレゼント。

卒業・入学のシーズンに、ちょっとオシャレな写真を撮ってみませんか?

キャンペーン対象店舗はこちら
思い出マシマシキャンペーン実施店舗一覧 - 今だけましかくプリント5枚無料!|富士フイルム



Benesseの「どうぶつとお友達キャンペーン」で、お名前シールがもらえるよ。

Benesseが、全国の動物園と提携して、各園内のスタンプラリーを行う「どうぶつとお友達キャンペーンを行っています。

スタンプラリーのゴールにスマホのキャンペーン登録画面を見せると、当日に動物折り紙などの粗品が、
後日、お名前シールと簡易動物図鑑「どうぶつクイズBOOK」(と、大量のDM(笑))がもらえます。

私たちが行ったのは東山動植物園ですが、
全国津々浦々でやっているようですね。

我が家はパンパースのキャンペーンで個人情報を渡しているので、
「ま、いっかー」
って思って登録しましたが、
Benesseのえげつないほどの個人情報取得手法は、ある意味感心します。

スタンプラリーの開催は、土日祝。
終了日が決まっていない?ようなので、スタンプラリーの台紙がなくなった時点で終了なのかな??

お名前シールの発送に1ヶ月ほどかかるようなので、新学期には間に合わないのですが、
気になる方は、お出かけの際にぜひやってみてください。

赤池駅さんぽ ~ レトロ電車館 & 平針農業試験場 ~

天気が良かったので、レトロ電車館と平針農業試験場をハシゴして行ってきました。
名古屋市営地下鉄赤池駅を挟んでほぼ逆方向にありますが、ゆっくりと散歩しながらまわることができました。

レトロ電車館

f:id:okan89-blog:20170303225056j:plain
赤池駅の北側、国道153号を渡った所にあります。(歩道がないため、少し迂回します。)
地下鉄整備工場の敷地内の奥のほうに、ひっそりと建っています。
JRのリニア鉄道館名古屋市営地下鉄版です。
路面電車から黄電まで、資料と共に展示されています。

f:id:okan89-blog:20170303222704j:plain
f:id:okan89-blog:20170303222721j:plain

ちょうど乗り物に興味を持ち始めた子供。
興味深そうに見ていました。
f:id:okan89-blog:20170303222502j:plain

特に路面電車の木の床が珍しかったみたい。
パタパタずーっと歩いていました。
f:id:okan89-blog:20170303222858j:plain

リニア鉄道館入館料と違って、規模はとってもささやかなのですが、
無料なのがいいですね。

昭和ロマン漂う館内に、ゆったりと響くジムノペディ……
とっても癒されます。

(制帽を被る体験もあるのですが、嫌がったので写真が撮れませんでした。)

平針農業試験場

レトロ電車館を出て、駅の反対側に向かって歩きます。
今回歩いてしまいましたが、赤池駅から名鉄バスで行くのがよいでしょう。*1

2/28から梅まつりが行われています。
通り道にも梅が植えられていて、横切るとふわっといい香りがします。
f:id:okan89-blog:20170303225433j:plain

園内には、食べ物や産地直送市の屋台が出ていて、とっても楽しそう。
f:id:okan89-blog:20170303225031j:plain
満開堂さんの鬼饅頭。蒸し直してくれます。

温室前の広場では、大道芸なども行われていました。

行ってみてほしいのは、アイスクリームショップ奥の鶏舎!
3/10は名古屋コーチンの日ということで、「ニワトリのNO1グランプリ」が開催されています。
f:id:okan89-blog:20170303225654j:plainf:id:okan89-blog:20170303225709j:plain
(ライバル視するサツマに相手にされていないトウマルかわいそうw)

梅は5分咲きとのことでしたが、十分見ごたえはあります。
f:id:okan89-blog:20170303225952j:plainf:id:okan89-blog:20170303225958j:plainf:id:okan89-blog:20170303230005j:plain
マクロ持っててよかったw

梅まつりは3月中旬まで行われていますが、今週末~来週ぐらいが見ごろと聞きました。
ぜひお出かけしてみてください。

まとめ

レトロ電車館も農業センターも、子供と一緒だとまた楽しさが違います。
温かくなり始めたこの季節に、ぜひご家族で遊びに行ってください。

www.transport-pf.or.jp
名古屋市:農業センター delaふぁーむ(暮らしの情報)
農業センターFacebook←農業センターのイベント情報はこちら!

*1:荒池駅から徒歩5分です。名前が似ているので注意!

【おいしかったものメモ】issui の「水乃果」

実家から、美味しそうなものをいただきました。

新宿中村屋が「新しい時代の和菓子」を目指して立ち上げたブランド「issui」。
「水乃果」は、3つのパックが1セットになった、斬新なデザインのお菓子です。


今回いただいたのはわらび餅。
入っていた順番そのまま、わらび餅を器にあけ、その上にきな粉と黒蜜をかけていただきます。
※完成図を撮るのを忘れていました。

本わらび粉を使ったわらび餅は、弾力がすごくて、もちもちプリプリしています。
きな粉もふわっとして、湿気ていません。
その上に、沖縄産黒糖を使った濃厚な黒蜜がかかっています。

子供にちょっとだけおすそ分けしてあげたら、拍手するほど感動していました。
もっともっととねだられ、結局ほとんど奪われてしまいたした(´ー`)
甘みが強いので、舌の育成に良くないとは思うのですが、自然の甘みだし、今日は特別です。
黒蜜ときな粉だけでもめちゃくちゃ美味しくて、余ったタレまでおいしく食べました。

透明感のあるオシャレなパッケージ
自分で組み立てる楽しさ
これがキモなのかな?と思います。

この他にも、豆乳ブラマンジェ(プリンみたいなお菓子)やあんみつなど、数種類あります。
日持ちするので、お持たせにもオススメです。

プラ板で手作りおもちゃ

100均でプラ板を見つけました。
懐かしいですね!

好きな絵を描いて色をつけて焼けば、プラスチックの板になります。
これをキーホルダーなどにして遊んだものです。

プラ板を使って、ひもとおしを作ることにしました。
モチーフは「はらぺこあおむし」です。

針パーツを青虫に
ストッパーを蝶々に、
紐を通す基盤を葉っぱにしました。

縦横半分の長さになるのを考慮し、大きめに描いて切り抜きます。
針とストッパーに、紐をつける穴を開けます。
紐をつける穴の直径は、紐の直径の2倍強に。
基盤の穴の直径は、針のパーツの幅の2倍強以上に。
大きいほど通しやすくなります。

オーブン200度で4分ほど焼きました。
焼いたら辞書などの重いもので挟んで、癖を伸ばします。

それでも少し曲がってしまいました。
細長いものほど変形しやすいようです。

パーツに紐をつけて完成!

安全なおもちゃのために

作る上で一番心配したのが、パーツの誤嚥です。

直径3cm以下のものは、飲み込んでしまいます。
また、長さ5cm以下のものは、口腔内に入ってしまいます。
子どもの事故防止教材 「誤飲チェッカー」「誤飲防止ルーラー」 | 一般社団法人 日本家族計画協会

針部分のように細長いものは、咥えて口から飛び出るので、そのまま歩いて喉を突かないように、見守らないといけません。
作ってみると、バリ(ひっかかり)を取るためにやすりがけした方が良かったかな?と思っています。

誤嚥については、専用のチェック器具もあります。

ひもとおしをフェルトで作っている方がいて、とっても素敵だったのですが、
自分が作る上では、小さいパーツが食いちぎられないか?と、不安になったのでプラ板にしました。

市販のおもちゃでは、サイズや材質、強度などが考慮されている場合が多いのですが、手作り品では作り手が配慮しなければなりません。

手作りは楽しいのですが、気をつけようと思いました。

いっさいはん あなたもかんさつ してみよう

いっさいはんの日常を、五七五の川柳で切り取ってみよう。

赤ちゃんでもない、幼児でもない
不思議で予測不可能な一歳半くらいの子供たちを描いた絵本「いっさいはん」。
その「いっさいはん」の第3版出版を記念して、岩崎書店では川柳を募集しています。

公式アカウント「@IWASAKISHOTEN」をフォローした上で、ハッシュタグ「#いっさいはん」をつけて呟くか、
キャンペーンサイトから応募することができます。

優秀賞には、作者さんのポストカードなどが貰えます。
(ちょっとシュールな作風です…)

応募締切は2017年3月31日までです。

絵本「いっさいはん」のファンの方はお見逃しなく!

いっさいはん

いっさいはん