読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オカンハック

母親目線での「便利!」を備忘録的に書き溜めていこうと思います。

「香るエール」は、チェコを思い出す味

お題「好きなビール」

新婚旅行でプラハに行ってから、人生が変わりました。
それまで「ビール = 苦い」という刷り込みを受けていましたが、暑い夏の日、観光であちこち歩き回った後で飲むビールのおいしかったこと!

ふわっとしたきめ細やかな泡の下から流れ込む、程よく冷えたビール液。
ツンとした刺激はなく、まろやかでフルーティ。
嫌だった苦味すら、むしろ味が引き締まって爽やかさとして感じられます。

おつまみのウドベネッツ(ソーセージのピクルス)の酸味とピリ辛具合が、更にビールを呼ぶんですよーーー

「世界一おいしいビールを出すバー」ウ・ズラティーホ・ティグラ(U Zlateho Tygra : 金の虎)。
チェコに行ったら、絶対行くべきお店です。
プラハを再訪したら、ぜったいにまた行きます。 - U Zlateho Tygraの口コミ - トリップアドバイザー

名古屋でもあの味を

探していますが、なかなか見つかりません……
日本のビールも同じピルスナータイプなのに、なんでこうもキツさがあるのか。
そのキツさを辛口やキレとして売りとしているんでしょうが、そんなの要らないんです!わたしは!!

なので、スーパーに行くたびにビールコーナーを覗いて、クラフトビールジャケ買いしています。
クラフトビールは、缶も味も個性的なものが多くて楽しいですね。
でも、なかなかピンとくるものがありませんでした。

青い鳥は近くにいた

これらのクラフトビールは「世を儚んだ時」用のとっておきにして、大事に飲んでいます。

クラフトビールはお高いから、普段使い用のビールも欲しい」と、夫からリクエストがあり、「香るエール」を買ってみました。

正直、いつものキツイのを想像していたのですが……
あら、ふわっとまろやか。
「香る」の売り込み通り、フルーティな香りがします。
後味もキツさがないです。
「味が薄い」という評価もありますが、ほのかに甘くて、苦味が少ないです。

クラフトビールより、どこでも買えるし、価格もお気軽。
我が家の定番になりそうです。