読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オカンハック

母親目線での「便利!」を備忘録的に書き溜めていこうと思います。

書評 最近読んだ絵本(10か月)

レビュー エンタメ 育児

うちの子は、お座りをする意欲が低いこどもです。
私の真似をしているのか、寝転がったまま本をめくって楽しんでいます。
こども(というか私)が好きな絵本をご紹介します。
絵本選びの参考にどうぞ。

ぺんぎんたいそう

ぺんぎんたいそう (0.1.2.えほん)

ぺんぎんたいそう (0.1.2.えほん)

まっ黄色が目に厳しいオシャレな絵本。
小さいケープペンギンちゃんと大きなキングペンギンちゃんが、腕を伸ばしたりして体操します。
ペンギンのしぐさがとってもかわいい!

くっついた

くっついた

くっついた

2匹の動物が現れて、次のページでぴたっとくっつく。
ただそれだけの本。
「くっついたぁ!」
の掛け声とともに、ほっぺをぴたっと合わせると、
「ヌェヘヘヘ」
と嬉しそうに笑います。

がたんごとん

がたん ごとん がたん ごとん (福音館 あかちゃんの絵本)

がたん ごとん がたん ごとん (福音館 あかちゃんの絵本)

うちの市の取り組みでもらった本。
ひざの上に乗せ、「がたんごとん」の音とともに揺らすと喜びます。

あかちゃんのあそびえほんシリーズ

ごあいさつあそび (あかちゃんのあそびえほん)

ごあいさつあそび (あかちゃんのあそびえほん)

近所の音楽教室の先生のご推薦。
「とんとんとん」とドアをノックして「こんにちは」とあいさつします。
この本のおかげで、「本はたたくもの」という概念が植え付けられたようです。

ぴよちゃんシリーズ

ぴよちゃんとさわってあそぼ!ふわふわだあれ?

ぴよちゃんとさわってあそぼ!ふわふわだあれ?

なかよしおやこ―ぴよちゃんとあそぼ!

なかよしおやこ―ぴよちゃんとあそぼ!

お友達にいただいて、あまりの可愛さに私がハマった本。
「ふわふわだぁれ」は、起毛素材が貼ってあって触り心地がちがいます。
「おしりもふわふわな、ひよこのぴよちゃんです!」
と読み聞かせをしながら、子供の尻をなでています。
ボール紙製なので、ぶんなげても安心。

しろくまちゃんシリーズ

しろくまちゃんのほっとけーき (こぐまちゃんえほん)

しろくまちゃんのほっとけーき (こぐまちゃんえほん)

私は好きなんだけどなー
まだストーリーものは早いようです。

ももんちゃんシリーズ

どんどこ ももんちゃん (ももんちゃん あそぼう)

どんどこ ももんちゃん (ももんちゃん あそぼう)

こちょこちょ ももんちゃん (ももんちゃん あそぼう)

こちょこちょ ももんちゃん (ももんちゃん あそぼう)

私は好きなんだけどなー その2。
もちもちの赤ちゃん「ももんちゃん」が冒険する絵本です。

だるまさんが

だるまさんが

だるまさんが

絵柄からしてとてもシュールな絵本。
「子供が笑う」と定番になっているそうですが、
ウチでは受けが悪いようです。

こんなこいるかな

義理のお母さんに買ってもらいました。
超懐かしい~~
ピカットちゃんが好きです。
やはりストーリー物はまだ早いようです。

くだものさん

くだものさん (PETIT POOKA)

くだものさん (PETIT POOKA)

色遣いがとってもオシャレ!
葉っぱをペロンとめくると、果物が現れます。
葉っぱの形が木によって違っているのが、園芸好きにはたまりません。

福笑いができるシール絵本「かおノート」も気になっています。
3歳くらいになったら遊べるかな?

その他

こどもの最近のブームは、マクドナルドのハッピーセットについてきたムーミンの本です。
大きさ的にちょうどいいのか、パラパラめくって遊んでいます。

私が気になっている本は「あかごしぐさ」。
この若干レトロかつ実写風な絵柄がいとおしい。

赤子しぐさ

赤子しぐさ

あっという間に大きくなってしまうからこそ、大切にめでていきたいです


……と、思えるのは、きっと過ぎてからなんでしょうね。
10ヶ月になるとらだんだん訳のわからない要求が増えてきて、ストレスでぐったりです。