読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オカンハック

母親目線での「便利!」を備忘録的に書き溜めていこうと思います。

書評 伊達式 コンビニでダイエット

やせる!伊達式・コンビニでダイエット

やせる!伊達式・コンビニでダイエット

先日、父からアドバイスを受けました。
「コンビニのおにぎりやサラダは食うな。
添加物や保存料、殺菌剤まみれだ。
将来、ガンやアトピーになるぞ。」

孫可愛いさに、自然派に目覚めた?父ですが、
「俺は老い先短いからいいんだ!」
と、コーヒーを飲み、真っ赤な魚肉ソーセージや某ファーストフード店のハンバーガーを美味しそうに食べます。
世の中は、残酷で不合理です。

さて、添加物はさておき、コンビニは便利です。
レジ横のホットスナックについつい引き寄せられてしまいます。
短い昼休みや、クタクタになって帰ってきた後に、さっと買ってさっと食べれる手軽さも魅力です。
しかし、味が濃くて脂っこいものが多いコンビニ飯は、添加物以前に、栄養バランスや塩分量として心配ですね。

この本では、「コンビニ飯でも、きちんと考えて選べば痩せられる」ことをテーマに書かれています。
むしろ、
「きちんと食べることに向き合っていなければ、どんなダイエット食品も意味がない。」
ということを訴えています。

この本は、20代〜40代の、働き盛りの男性に向けて書かれています。
女性は、お肌や髪、生理など、自分の体調に気付きやすいのですが、男性は女性ほど身体からのサインを気にしていないようです。
また、ダイエットの経験や、栄養、調理についての知識が乏しく、絶食などの無茶なダイエットを行いがちです。
(うちの場合、夫に夕飯の献立を立ててもらうと、「から揚げとポテトサラダとピザ」なんていうトンデモメニューになります。
そして、なぜトンデモなのか分かっていない様子。)
まずは、食べ物にどんな成分が含まれているか、その成分は体にどんな働きをするか、知ることが大切ですね。

最近はコンビニ飯も質が上がり、種類もたくさんあります。
「どうせコンビニだから」
と悲観せず、上手に付き合っていくといいと思います。