読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オカンハック

母親目線での「便利!」を備忘録的に書き溜めていこうと思います。

離乳食後のくさ〜いうんち対策。ウチはこうしています。

レビュー 育児

子供も1歳になり、食べる量も種類も多くなりました。
その分出るものの量も臭いも激しくなってきました💩💩💩

紙オムツメーカーの推奨は、
「うんちはトイレに流して、紙おむつだけ捨ててください」
ということですが、月齢が小さいうちはベタベタでトイレに流しにくいし、頻繁にうんちをするから都度処理をするのが大変でそのまま捨てていました。

しかし、おっぱいだけの間はまだ良かったのですが、離乳食が始まると食べるものの具合か、消化液や腸内細菌が増えるからなのか、

く、くちゃい……

特に、夏場は発酵するのか??回収の日にオムツポットを開けるともかっとあったかい……

この頃になると、野菜からの食物繊維や摂取する水分の減少により、硬さもクリーム状から粘土状に変化してきます。
また、朝昼晩の食事のリズムが付いてきて、日に数回になってきました。

そのため、「うんちをトイレに流してから捨てる」ことが苦にならなくなってきました。

うちで使っているもの

まずは、水に流せるおしりふきでお尻🍑をふいて、

紙製のスコップでうんちをすくいとり、おしりふきと一緒に流します🚽

流せるうんちヘラ 使いすてタイプ 50枚入

流せるうんちヘラ 使いすてタイプ 50枚入

これ、買って良かったです。
コンビニでついてくるアイスクリームの紙スプーンを大きくしたような商品で、オムツからうんちをこそげ落とすことができます。
流せるおしりふきを使うことで、うっかりおしりふきを落として詰まらせる事故もなくなりました。

くるっとまとめてオムツ専用ゴミ箱へぽん。

こちら、二重ブタ&蓋の後ろにパッキンがついていて、臭いが漏れにくくなっています。
足踏み式で開くのも、うんちのついた手で触らなくていいからいいですね。
筒状の専用ゴミ袋が少しお高いのが難点ですが、防臭効果があり、捨てる時も繰り出し式になっていてセットも楽々。
容量もあるので、次のゴミの日までちゃんと入ります。

こういうオムツ専用ゴミ箱は、いろんなメーカーが出ています。
各メーカーで、ランニングコストや捨てやすさ、防臭度など一長一短だと思いますが、うちはこれで満足しています。

まとめ

いかがでしたか?
書きながら、昔のドロドロうんちとの格闘を思い出し、ほんの数ヶ月前が懐かしくなりました。

上記の対策で、だいぶ臭いは抑えられていると思いますが、それでも臭い時があるから、消臭剤を検討しています。

ひよこのおむつの消臭剤

ひよこのおむつの消臭剤

また、トイレトレーニングの下準備として、「排泄 = トイレで!」を印象付けるために、トイレに移動することも考えています。

月齢により、うんちの量なども変わってくるし、住宅事情もあるので、一概に正解はありませんが、皆様の参考になれば幸いです。

流せるうんちヘラ 使いすてタイプ 50枚入

流せるうんちヘラ 使いすてタイプ 50枚入

ひよこのおむつの消臭剤

ひよこのおむつの消臭剤