オカンハック

母親目線での「便利!」を備忘録的に書き溜めていこうと思います。

トイレ用洗剤が切れたのを機に、「流せるトイレブラシ」に替えました。

それまでのトイレブラシは、汚物入れと一体になっていたスリム型。

デザインがカッコよくて、うちの狭いトイレでも汚物入れが目立たないため、気に入っていました。
でも、ブラシの受け皿の部分が、溜まった水でだんだん汚れてきて…

そんな時、後輩がオススメした商品を思い出しました。
「一人暮らしするなら、絶対これ使うって決めてたの!
トイレブラシって、掃除したあとの汚れが気になるし、水が切れないままトイレ内に置いておくの不潔でしょ?」

確かにーー

でも、水が溜まった奥までちゃんと洗えるの?
こびりつきウンチ?はちゃんと落とせるの??
と、半信半疑で使っていませんでした。

しかし、トイレ用洗剤が切れたのを機に、「どうせ買い替えだ!」と、導入してみることにしました。

本体は、こんな杖みたいな形。

先っぽのハサミで、キッチンペーパーみたいな紙のブラシ部分を挟んで使います。
ボタンがちょっと固いです。

青い部分は洗剤であり、水につけると染み出してきます。
絶妙なカーブで返しの裏側もスイスイ。

ボタンを押すとハサミが開き、ブラシ部分が外れるので、触らず便器のなかにポイ!できます。

一応、水が溜まってる奥まで突っ込んでみましたが、多少脆くなるものの軽くこするくらいならできました。
でも、先端部が水に浸かるので、ウリの衛生面的にはどうなんだろ:(;゙゚'ω゚'):
終わったら、クイックルやトイレットペーパーで拭いた方がいいかも…
いや、そもそも本体部を水に浸けるのは正しい使い方なのかな?
じゃ、仮に水際より手前を洗うとして、水たまりの中にこびりついたらどう洗う???

ううーーーん???
疑問は解決されないままです……
シンプルな形状なので、クイックルで拭って、本格的に汚れ出したら丸洗いか買い替えかな?

ブラシに洗剤をつけて洗うより、長期コスパは悪いですが、衛生的に感じます。

こびりつきウンチ?に対する耐久性など、もう少し継続してレビューを続けたいと思います。

読んでいただき、ありがとうございました。