読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オカンハック

母親目線での「便利!」を備忘録的に書き溜めていこうと思います。

地元を食べよう!JAの直売所に行ってみた。

JAの直売所に行ったことがありますか?

今日初めて行ってみましたが、これだけ買っても500円未満!
やすーい!

大根と水菜が100円だったかな?
レモンは普通のレモンではなく、「マイヤーレモン」という酸味の穏やかな品種です。
ジャムにするのがオススメなんだとか。

平日と日曜日のみ、9時〜12時オープンという商売っ気の薄い営業時間なので、エンジンがかかりにくい私は、なかなかタイミングが合わなかったんですよね。
11時半にゆっくり行ったら、店内も棚も閑散としていました。
なんでも、常連さんはオープン前から並んでいるんだとか。

見て回っていたら、
「あら、その水菜、私が作ったのよ!」
と、レジで立ち話していたおばあちゃんか話しかけてくれました。
販売している野菜の様子を見にきたそうです。
他にも、店員さんが
「◯◯さんちの野菜、いっぱい売れましたよ!葉物の生育具合はどうですか?」
って話していたり
農家さんと直接繋がっている感じがしました。

地元の農家さんが直接卸しているので、輸送費や保管費がかからず、新鮮なものを買うことができます。
こうやって、顔が見えるといいですね。

地産地消のため、リンゴやアボカドなど近場で採れない野菜や、季節外の野菜は置いてないのですが、
逆に「旬のもののみ置いてある」と捉えることもできますね。
また、地元でしか採れない希少野菜が入荷している場合があります。
「もう少ししたら、ナバナやタケノコが入りますからね!」
と、オススメ情報を教えてもらいました。

品物は、大根がちょっと曲がっていたり、軽い虫食いがあったりなど、スーパーに慣れているとびっくりするかも。

また、卵はありますが、精肉や鮮魚はないので、足りない食材は別の店を利用するなど、使い分けが必要かもしれません。

今回は天白のグリーンセンターを利用しましたが、名古屋市内に他にも産直市があります。
利用してみてはいかがでしょうか?
名古屋市:農産物直売所(暮らしの情報)

お出かけの際は、エコバッグをお忘れなく!