読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オカンハック

母親目線での「便利!」を備忘録的に書き溜めていこうと思います。

各務原にサバゲーしに行きました。

お友達夫婦にお誘いいただいて、各務原サバゲーフィールド「Head quater」に行ってきました。

サバゲーとは

サバイバルゲーム」のことで、
一言で言えば、「大人の戦争ごっこ」です。

チームに分かれてモデルガンを使って撃ち合い、勝敗を決めるゲームです。
モデルガンなので殺傷能力は低いですが、当たりどころが悪いと歯が折れるなどのけがをします。

サバゲーフィールドってどんなところ?

サバゲーは専用の施設(フィールド)で行います。
(フィールド以外でサバゲーをしたり、モデルガンや迷彩服を身につけたままうろつくと、
近隣の方に余計なストレスをかけることになるので、なるべく避けましょう。)

お世話になった「Head quater」は、野外ですが、屋内のフィールドもあります。

「Head quater」で体験してみた

田んぼの間を抜けることしばし。
山の一角がフェンスで仕切られていて、そこが敷地になっています。

敷地は更に2つに仕切られていて、ゲームをするフィールドと、駐車場兼待機スペースになっています。


フィールドには所々、遮蔽物になるようにベニヤや廃車が配置してあります。


本部です。
銃やマスクなどのレンタルや、カップラーメンなどの販売を行っています。
本部の上にはやぐらがあり、その上から全体を観戦することもできます。


本部を挟んで、黄色チームと赤チームの待機スペースがあります。
予備のモデルガンや弾丸、飲食物を置いておきます。

待機スペースの奥には試しうちを行えるスペースがあります。


喫煙スペースです。
すごく喉が乾くので、自販機があるのはとてもありがたいです。

また、トイレも男女別にそれぞれ一つずつ、さらに兼用が1つあります。
こういう場所にしてはきれいでした。

準備

持ち物は下記を教えてもらいました。

  1. 長袖の動きやすい服
  2. 歩きやすい靴
  3. 軍手
  4. 耳あて
  5. タオル

本部でさらに電動モデルガンとゴーグルをレンタルしました。

使用する玉や、玉のスピードなど、細かな規定があり、持ち込む際にはチェックがあります。
この規定は、フィールドごとに違うので、事前に確認しておくことが大切です。
(違反すると、相手にけがをさせたり、ゲームバランスが崩れたりと、トラブルの元になります。)

いざ開始!

簡単なルール説明を受けたら、プレー開始です。
約20人🆚20人で、モデルガンの撃ち合いをします。
うう、銃がずっしり重いです。
フルプラスチックでもこんなに重いなら、本物はもっと重いんですよね。

遮蔽物に隠れながら相手を探し、撃ちます。
撃たれた場合は、
「ヒット!」と宣言し、スタート地点に戻ります。※色々なルールがあります。

「ヒット!」と宣言し、すぐにプレーを中断することが重要で、撃たれても(死んでも)御構いなしでプレイをし続けると、「ゾンビ」と呼ばれる悪質なマナー違反になります。
これだけは、最低限守りたいルールです。
(しかし、跳弾などソフトな当たりや走ってる時の場合、当たったのかそれとも石ころを蹴っ飛ばしたのか、わからない時もあります…)

果敢に前進するものの、どこに相手がいるのか、どこから撃ってきてるのか、
全くわかりません。
コートの上からは「いたっ、」位で良かったのですが、
一発マスクで覆われていない顎に喰らいました。
皮膚が擦り剥けてめっちゃ痛いです。

終わった時は、息が切れました。
10分がすごく長い。

この10分1ゲームを、テニスのコート入れ替えのようにスタート地点を交換してもう一度行います。
それが1セットです。

これを5セットほど、一日かけて行います。

私は、1セットでフラフラになりました。

米軍や自衛隊の皆さんは、すごい……
毎日訓練されてるだけあります。

ゲームいろいろ

ただ撃ち合う中にも、色々なルールがあります。
ルールを変えたり、スタート地点を変えることで、遊びの幅が広がります。

  • 撃ち方縛り : 連射モードのON/OFFを切り替えます。
  • 装備縛り : 使うモデルガンに制限を設けます。例えば「ハンドガンタイプのみ」「ライフルタイプ使用禁止」などです。射程や撃つスピードがそれぞれ違うので、動き方が違います。
  • 勝利条件 : 「先に100人にヒットさせた方が勝ち」「相手の旗を奪った方が勝ち」「10分後にたくさん陣地を占領してたほうの勝ち」などです。

まとめ

今回、子供を連れて行き、私と友達で交代で面倒をみながらプレーしました。

やってみて思ったのは、荒っぽい中にもフェアプレイや安全意識を重んじる精神が強い遊びでした。
今回も、顔防具をつけていない人が鼻に喰らって、鼻血を出していましたが、
危ないスポーツだからこそ、やっていいこといけないことのけじめをはっきりさせながら、
知らない人とのチームプレイを楽しむのが大切だと思います。
また、撃つ音や走る音がうるさかったり、
格好に恐怖感を感じる人も多いと思うので、
その辺りの配慮にも神経を使ってるんだと分かりました。

近年、サバゲーの認知が広まるに従って、マナーを知らない人が増え、トラブルが表面化しつつあると聞きます。
すごく奥が深い遊びだと思うので、
プレイヤーひとりひとりがルールとマナーを守って、楽しくプレイしたいものですね。

関連

東京マルイ No.5 SCAR-L CQC BLACK 10歳以上電動ガン ボーイズHG

東京マルイ No.5 SCAR-L CQC BLACK 10歳以上電動ガン ボーイズHG

東京マルイ No.1 コルトM4A1カービン 10歳以上電動ガン ボーイズ

東京マルイ No.1 コルトM4A1カービン 10歳以上電動ガン ボーイズ

ELEX9 TAN 10歳以上電動サブマシンガン

ELEX9 TAN 10歳以上電動サブマシンガン

東京マルイ No.35 パーフェクトヒット ベアリングバイオ 0.25g BB弾 1300発入

東京マルイ No.35 パーフェクトヒット ベアリングバイオ 0.25g BB弾 1300発入