読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オカンハック

母親目線での「便利!」を備忘録的に書き溜めていこうと思います。

おからこんにゃくでベジ料理教室

お友達のお誘いで、「おからこんにゃく」を使った菜食料理教室に行ってきました。

おからこんにゃくとは、こんにゃく粉におからを混ぜて固めたものです。
ネーミングそのまんまですね(笑)
青森県の岡田 哲子さんが開発した新食材で、適度な弾力があり、ローカロリーながら食物繊維とタンパク質が含まれているので、ダイエットに最適です。

↓これがおからこんにゃく。

こんにゃくは「ぶるん!」と弾力がありますが、それよりも若干低反発です。

講師の山本さと子先生のお家で、和気あいあいと作りました。
すっごく広くて、のんびりした空気感の自宅サロンでした。

おからこんにゃく料理教室の内容

フードプロセッサーでミンチにすると、触った感じは鳥ミンチみたい。

また、冷凍庫で凍らせて解凍すると、スポンジのようになり、油揚げ??のような食感になります。

今回作ったのは、以下の4品です。

  1. サラダ(こんにゃくトッピング)
  2. チンジャオロース
  3. エビ団子もどき
  4. うなぎの蒲焼もどき

雑穀米と、今が旬のタケノコのお味噌汁を添えて、いただきました。
サラダは別にして、確かに肉っぽい?!
エビ団子がおいしかったです。

作ってみた感想

私が感じた素材の特徴は…

  • 水分が多いため火がとおりにくい。きちんと火を通さないと、こんにゃくの臭みが出るらしい。
  • そのままの状態は、「塊肉」を処理する感覚。ミンチにしたり、叩いて柔らかくする一手間が必要。
  • 肉と比べると、「ジューシーさ」の元になるうまみや脂分(甘み)が少ない。
    • 調味料で補う。照り焼きなど甘辛い調味液でからめたり、昆布だしやコンソメ、生姜を使う。
    • 揚げ物にして油分を補ったり、片栗粉で水分が逃げるのを防ぐ。
  • 消化がいい??すぐお腹が空く。
  • 日持ちしにくい。冷蔵で1週間くらい?
    • 使わない分は冷凍するとよい、と、アドバイスをいただきました。

家族の反応

復習のため、自宅でもナゲットを作りました。

1歳の子供は、美味しそうに食べていました。
夫は
「不味くはないけど、ナゲットではない。
何も言われずに出されると、裏切られた気分になるので、一言教えてほしい。」
と言われました。

マンナンライスをはじめ、こういう代替食については、男性は嫌う傾向があります。
「家族が嫌がるから、何も言わずにこっそり出しちゃうの♡」
というママさんの話も聞きますが、ご家族の信用を失う恐れがあるので、きちんと説明して出したほうがいいんじゃないかと。゚(゚´Д`゚)゚。

おからこんにゃくが気になる方へ

山本さんは、おからこんにゃくマイスターとして、おからこんにゃくを広める活動をしています。
山本さんの教室では、規定のレシピ51品目をスタンプラリー形式で回ります。
コンプ魂が疼きますね。

7/2(日)には刈谷市で、7/3(月)には名古屋市で、それぞれ開発者の岡田さんを招いて、料理教室を行います。
おからこんにゃくのマイスター資格を取るには、岡田さんの料理教室に出ることが条件のひとつになっているので、
マイスターを目指す方は、ぜひイベントにご参加ください。

参考情報

開発者の岡田さんのサイト

岡田哲子公式サイト

岡田さんの料理教室のイベントページ

山本さんも参加している「みろくダイニング」というグループが主催しています。
みろくダイニングは、岡崎を中心に活動している、菜食主義推進団体です。
岡田哲子さん おからこんにゃくマイスター クッキングセミナー

関連商品

おからこんにゃく(ベジタリアンミート) 340g

おからこんにゃく(ベジタリアンミート) 340g

おからこんにゃくで、らくらくダイエット

おからこんにゃくで、らくらくダイエット