オカンハック

母親目線での「便利!」を備忘録的に書き溜めていこうと思います。

新年事始め 炊飯器買い換えました

あけましておめでとうございます。
カーチャンです。
嫁入り道具の炊飯器の蓋が閉まらないなりました。
蓋を閉めるロックのバネが伸びてしまったようです。

そのため、年末年始のセールに合わせて、炊飯器を新調することにしました。

カーチャンたちが重視したポイント

色々な視点がありますが、カーチャンのポイントは下記を重視しました。

  1. お手入れ楽々
  2. 早炊あり(30分くらい)
  3. そこそこ美味しく

現在の加熱法式の主流は、

  1. マイコン
  2. IH
  3. 圧力IH
  4. スチームIH

となっていて、下のものほど価格が高く、お米のおいしさを引き出して美味しく炊けるとされています。
ただし、複雑な機構に比例して部品が多くなりり、お手入れがしにくくなります。

お手入れしやすさなら、三菱の炭炊釜

そんな私たちへの、近所の家電屋さんのオススメは三菱電機の炭炊釜。

圧力IHやスチームIHではなく、分類上はIH?なのですが、炭コートの内側やかまどを再現した5層ヒーター*1など、
別アプローチでおいしくする工夫が詰まった、独自路線を貫く炊飯器です。

超音波で米を振動させることにより、素早く給水させることができます。
内蓋(放熱板)と水蒸気受けが一体となっているためお手入れ楽々。

高火力のヒーターと分厚い炭コート内釜で、一気においしく炊き上げます。

1つ前の型落ち品を、割引してもらえることになりました。

外形比較

同じ5.5合炊きの使っていたものと比較しました。

制御構造が前方ではなく蓋にあるためか、奥行きが短く、圧迫感がありません。
ハンドルがなく、真四角な印象を受けました。

炊き上がり

焚いている時、水蒸気が少ない印象でした。
というより、壊れた奴が水蒸気ダダ漏れになっていたんですが…
はじめに、微かに「ピィーン」と音がしましたが、これが超音波なのかな?

圧力をかけないため、お米が潰れにくく、きちんと「カニ穴」ができています。
さっぱりあっさりの炊き上がりになるそうです。

以前のものと比較しましょう。

確かに「カニ穴」が見当たらないようです。
雪原のように真っ平ら…

お米をよそってみました。

光の加減なのか、ピカピカつやつやです。

ちなみに前の。

水蒸気が抜けているからか、炊きたてのはずなのにパッサパサです。

息子の肌と私の肌くらい違う…

一口食べてみると、甘く瑞々しく炊けている…気がする。
古い奴を、食レポ用にしっかり味わって食べてないから、違いがそこまで分からない残念舌だ……

パサパサ硬めが好きな夫は
「前の方がべちゃっとしてなくていい」
と言っていましたが、
炊きたてより、冷蔵庫から出してチンした後のご飯の方が好きな人なので、参考にならないかも💦

まとめ

「今時の炊飯器は、べちゃっとなるから好きじゃない!」という人のための炊飯器です。
ピンと立った硬めのお米が好きな方は、買い換えの際にぜひご検討ください。

もう一つ上位の機種には、銘柄による炊き分けもできるそうですが、
この機種も、季節別の炊き分けや速度重視のモードなど、13種類のモードがあります。
健康を意識して、中華粥モードや麦飯モードなどもあるので、使ってみるのが楽しみです。

この炊飯器でよいスタートを切れました。
皆さんもステキなお正月をお過ごしください。

*1:最新型はヒーターが7層で、更に高火力が満遍なく当たります。