読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オカンハック

母親目線での「便利!」を備忘録的に書き溜めていこうと思います。

東京・大阪・名古屋の違いを勝手に痛感

雑記

お題「初めて○○のコンサートに行った日」

初めてのコンサートは、確かラルクだったと思います。
チケットを取ってくれたお友達と一緒に、ワクワクしながら名古屋ドームに入り、座席を探し、開演を待ちました。

会場の照明がおち!
さあいよいよ!
どの曲から始まるのかな?
どんな衣装かな?

あ!誰か出てきた!



「HEY!guys!」

ノリノリで出てきたのはアフリカ系のヒップホップな方!

え?!

誰?
会場間違えた?
どよめく会場。

ペラペラ!と話す外人さん!
イェー!
とか、会場を乗せようとしてるけど、
英語が分からない田舎者オーディエンスたちは、さらにパニック!!
顔を見合わせてオロオロしてます。

身振り手振りで盛り上げようとしてることは伝わりますが、
いや、何言ってるかわかんねぇよぉ!
日の本のことば、しゃべれよう!

泣きそうなオーディエンスの反応に、泣きそうなDJ。
ついには
「OKOK……」
と、トボトボ袖に帰ってしまいました。

その後、何事もなかったかのようにコンサートは開かれ、つつがなく終了しました。


帰り道で友人と2人
「オープニングの外国人、エラい困ってたね。」
「うん、きっと、東京とか他の公演は、みんなイエーー!って乗ってくれたんだろうね。
かわいそうにね。」
「東京だと、きっと英語がわかる人が多いから、何か言ってたアレも聞き取れたんだろうね。」
「大阪は、きっと分かんなくてもノッてくれたんだろうね。」
「ごめんね。名古屋人、田舎者だから…」
「申し訳ないね。
英語アレルギー多いし、基本ノリ悪いし。」
「袖でめっちゃヘコんだろうね……」
「うん……かわいそうにね。」

大都市への壁は厚いなぁ……
と、なんとも言えない気持ちで帰路についたのでした。