読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オカンハック

母親目線での「便利!」を備忘録的に書き溜めていこうと思います。

「コゲこすりん棒」を試してみました。

家事ハック レビュー

小さい子がいると、一日中まるっと大掃除に集中するのは難しいですね。
パートナーやジジババに連れ出してもらうか、少しずつ小分けにしてやっていくしかなさそうです。

ドラックストアに行った時に、こんなものを見つけました。

アスト キッチンのコゲこすりん棒 1個入

アスト キッチンのコゲこすりん棒 1個入

ネーミングが損している気がしますが、
これ、けっこうよかったです。

サイズは消しゴムくらい。
セラミックの粒子でできた研磨剤が、クエン酸で固めたものです。
少しだけ水をつけてこすると、クエン酸が溶けて焦げを柔らかくするとともに、研磨剤がコゲをこそげとります。

試しに、卵焼き用フライパンの裏を半分だけこすってみました。

こすった感触は、書道の墨のようです。
軽く擦ると、研磨剤が溶けてドロドロの灰色の汁となり、すぐにコゲが混じって茶色になります。

原理はクリームクレンザーと同じですが、固いので、力を入れやすくなっています。
また、溶けることで常に新しい面が出てくるので、やすりと違って目詰まりしたりなまくらになることなく、研磨力が続きます。

ただし、研磨力が強くてよく落ちる反面、コーティングや塗装が傷むかも……
卵焼き器のサイドを擦ったら、なんとなく色が薄くなってしまった気がします。

鉄鍋など、コーティングをしていないものならいいかもしれません。
よく落ちるは落ちるので、使いどころを考えて、利用してみてください。

追記1:2015年に、情報番組「ヒルナンデス」で紹介された実績があったそうです。
結構前からあったんですね。
知りませんでした(゚o゚;;