読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オカンハック

母親目線での「便利!」を備忘録的に書き溜めていこうと思います。

プラ板で手作りおもちゃ

100均でプラ板を見つけました。
懐かしいですね!

好きな絵を描いて色をつけて焼けば、プラスチックの板になります。
これをキーホルダーなどにして遊んだものです。

プラ板を使って、ひもとおしを作ることにしました。
モチーフは「はらぺこあおむし」です。

針パーツを青虫に
ストッパーを蝶々に、
紐を通す基盤を葉っぱにしました。

縦横半分の長さになるのを考慮し、大きめに描いて切り抜きます。
針とストッパーに、紐をつける穴を開けます。
紐をつける穴の直径は、紐の直径の2倍強に。
基盤の穴の直径は、針のパーツの幅の2倍強以上に。
大きいほど通しやすくなります。

オーブン200度で4分ほど焼きました。
焼いたら辞書などの重いもので挟んで、癖を伸ばします。

それでも少し曲がってしまいました。
細長いものほど変形しやすいようです。

パーツに紐をつけて完成!

安全なおもちゃのために

作る上で一番心配したのが、パーツの誤嚥です。

直径3cm以下のものは、飲み込んでしまいます。
また、長さ5cm以下のものは、口腔内に入ってしまいます。
子どもの事故防止教材 「誤飲チェッカー」「誤飲防止ルーラー」 | 一般社団法人 日本家族計画協会

針部分のように細長いものは、咥えて口から飛び出るので、そのまま歩いて喉を突かないように、見守らないといけません。
作ってみると、バリ(ひっかかり)を取るためにやすりがけした方が良かったかな?と思っています。

誤嚥については、専用のチェック器具もあります。

ひもとおしをフェルトで作っている方がいて、とっても素敵だったのですが、
自分が作る上では、小さいパーツが食いちぎられないか?と、不安になったのでプラ板にしました。

市販のおもちゃでは、サイズや材質、強度などが考慮されている場合が多いのですが、手作り品では作り手が配慮しなければなりません。

手作りは楽しいのですが、気をつけようと思いました。