オカンハック

母親目線での「便利!」を備忘録的に書き溜めていこうと思います。

大人買いしたいアイス

今週のお題「好きなアイス」

昨日たまたま食べてみたかった「Dippin' Dots(ディッピンドッツ)」を見つけたので、食べてみました。

ツブツブサラサラで、とってもカラフル!
液体窒素を使って、アイスクリーム液を細かい粒として凍らせているそうです。
この製造法ゆえに、保存も-40度という、ご家庭の冷蔵庫より低い温度が求められるので、あまり流通していないそうです。

レインボーを食べてみました。
インスタ映えしそうですね!

冷凍庫から出したてでも、すっと掬えてキンキンを食べることができます。
溶けるまでガンガンほじくらなくていいので、とてもスマート❤️

味は細かいアイスの実というか、アイスというよりシャーベットに近くて私はあまり美味しいとは思えなかったです……
というか、原材料は、『色のついた砂糖水』であり、牛乳も卵も入っていません。
つまりシャーベットよね??

レインボーに関しては、溶けると当然色が混ざって灰色のドロドロになるので、写真を撮るときはお早めにどうぞ。

サラサラして粉雪みたいなので、子供がこぼしてもサッと払えるのもいいですね。


というわけで、大爆死した憧れアイスでしたが、
私の思い出の味はエスキモー」のビエネッタ!!!
昭和当時は、すんごい贅沢でした。

カステラのような長方形型の形をしていて、アイスがレースのように重なり、パリパリとしたチョコが挟まっている様子は、まるで「アイスクリームのケーキ。」

マツコの知らない世界」でも紹介されていたんですね。
「マツコの知らない世界」で再注目!アラフォー世代の神アイス『ビエネッタ』 - Spotlight (スポットライト)

エスキモー」というブランド名が差別用語にあたるというので、一時期販売中止になっていたような……

あれを丸ごと一本食べることが、当時の子供達が一度は夢見る願いでした。
森永から再販されていますが、あの当時の味になっているのだろうか??
(むしろ、他のアイスと記憶が混じってて、「こんなんじゃねぇ!」と思ってしまうかも。)

カステラ型の他、少子化の現代に沿ってカップ売りもしているそうです。
また、昔はなかった、「マスカルポーネ味(ティラミス風味)」や「チョコ」もあります。


もう一つの思い出のアイスは、サーティワンのチョコミント

父親が好きなフレイバーで、
父の真似をしたくて、ミントが苦手なのに一緒に食べていた記憶があります。
最近は狂気を感じるオリジナリティあふれるフレイバーに押されて、定番ラインナップから外れがちなのですが、
売り場ともども、なんとか踏みとどまっていただきたく。
マック以上に、店舗がなくなってイオンの中にばかりあるのが、ちょっと心配です。

サーティワンでは、8/17まで、恒例の「雪だるま大作戦⛄️」キャンペーンをやっていて、キングサイズを買うとキッズサイズがおまけでついてきて、雪だるまみたいになります。

また、今年から「プレミアムフライデーキャンペーン」として、月末の金土日には、バラエティパックを買うと、シングルコーンの引換券がついてくるそうです。
お土産で買って帰って、家族で食べよう!という素敵なキャンペーンですね!


あー!
アイスが食べたくなってきました!