オカンハック

母親目線での「便利!」を備忘録的に書き溜めていこうと思います。

コウノドリ2期 第1話 感想 〜パパのサポートって何だろう?

コウノドリ」第2期始まりましたね!

妊娠中に友人から漫画を読まれてもらってファンになり、
0歳児を寝かしつけながら1期を見た、
思い出深い作品です。

今回も、新生児黄疸が残るような赤ちゃんたちがたくさん出てきて、
この赤子調達能力は相変わらずすごいな、と思いました。
(制作チームの方、医療チームのバックアップがあるとはいえ、赤ちゃんに無理させないでくださいね ^^; )


さて、今回は聴覚障がいをもつご夫婦と、赤ちゃんに心疾患があることが判明したバリキャリ夫婦の2組の登場回です。

初産は不安なものですが、
方や「同じように障がいを持って産まれてくるのでは」
方や「これまで築いてきたキャリアはどうなるの?」
と、不安マシマシ。

しかし、奥さんたち以上に、旦那さんの気構えが全然違って、
バリキャリさんの夫は、しのりんにカミナリを落とされてしまいます。
(そして、改められなかった……)

いい対比でございました。

どちらかというと、私はワーママさんに共感して見ていました。

そーよね、品質基準(五体満足)を満たした赤ちゃんが、納期(予定日)に遅れも早まりもせず納品されるような感覚よね〜

これまで人に頼らず、1人でやってきた感覚のままで、育児突入しちゃうよね〜
仕事中心の人生だったのに、突然切り離されたら、自分の軸がぐらつくよね〜

そりゃ、どうしていいか分からなくなるよねー
旦那さんに頼れないし、頼ったことも少ないから、
旦那さんも頼られ慣れてないから気が回せないよね〜


「迷惑かけても いいじゃない」
っていう言葉は、当事者側からはとても言いづらい言葉なんだけど、
声を上げる度胸や、相手の心に飛び込んで好意に甘える度胸も、育児には必要なんだと、今、改めて思います。

そういう生活に10年以上浸かってたら、好意が当たり前になって「オバタリアン(死語)」になるかもね。
是非もないネ!

電車の中のおばちゃん、おばあちゃんが優しいのも、そうやって世間の厳しさと、その中でキラリと光る優しさをくぐってきたからだからなんだろうなぁ。

そういえば
「男性の育休を制度化しろ」ってご意見を見かけたんだけど、
女性ですら産休育休が申し訳なく思う外圧がある会社があり
「女性は夫による転勤など、キャリアが見えにくいから採用したくない。」という労基事案な会社が少なくなったとはいえ存在する中で、
男性にも育休を!っていうのは、まだ大変なんじゃないかな〜

この問題は
高齢者が増え、労働力が少なくなったから、過重労働になり、
若い旦那さんどころか奥さんまで駆り出されるから少子化になり、
労働人口が少なくなるから、高齢化社会が進む……
という社会構造変化のスパイラルが元凶だと考えています。

だから、労働力を増やすか、賃金を減らさず労働量を減らす(効率化)が良いんだろうけど、

労働力を増やすにしても、移民政策は、ヨーロッパや近くの町を見る限り、後々大変なことになりそうだし、
子育てに力を入れるにしても、男女ともの過重労働をどうにかしてほしいし、
パワードスーツを作って、長く働けるサイボーグGちゃん化計画するにしても、昨今の交通事故を見る限り、ボケや急な心筋梗塞脳卒中はどうしようもないし。

でも、私たちが高齢者になった時に、高齢者に厳しい社会に変わってるのは嫌だな〜
(常々損な役回りを押し付けられる、ロスジェネ世代……)
21エモンだっけ?高齢者は問答無用で死刑になる話あったね。

とりあえず、10/22の選挙行くかね。


何年か経って、この番組が昼の過去ドラマ枠で再放送される頃には、「当時の時事問題」になってるといいなぁ。と思いました。

10/23発売の20巻に収録されているテーマに「産後うつ」が入ってるらしいけど、
まさかドラマのワーママさんがそれってことないよね💦

何が変わったの?リニューアルしたパンパースを比較!

先月あたりから、パンパースがリニューアルしましたね。
公式情報では、特に吸収シートが変わったようです。

今まで中央に1つだった吸収体を3つに分けたことで、下記のメリットが生まれました。

  1. 薄くなった
  2. 素早く吸収(芯まで吸収)
  3. 体にフィットして漏れにくい

旧品と比較

オムツ

左の、股に点線のあるデザインがリニューアル版です。
右のオムツが、比較用の旧品です。
いずれもLサイズのパンツタイプです。

内部はこんな感じ。

旧品の方が、若干吸収体の幅が狭いです。

リニューアル版の厚みは1.5cm、旧品は2cmとなっています。

確かに薄くなっていますね!
吸収体の素材は、他のサイズでも共用だと思うので、
サイズが変わってもオムツの厚みはほぼ同じだと考えます。

特に新生児期には大量にオムツを持ち歩くので、薄いオムツは有難いですね!

使用感として、お腹周りのフィット感は、改良がないのであまり変わりませんが、
股の部分がたしかに違う!!
板のように真っ直ぐにタポンタポンになっていたのが、3つに曲がることで歩きやすそうです。

でも、消臭パワーは旧品の方があったような……
記憶補正??

加えて、吸収体が硬くなり、ごわつく感じがします。

パッケージ

Amazonの簡易包装タイプだけかもしれませんが、
パッケージもリニューアルされています。

横ではなく、持ち手の下を開けるのは💮
開けても袋のままで、持ち運びしやすくなりました。

「設置場所で開けて、その場所で出すんじゃない?」
と、思う方もいるかもしれませんが、
保育園には記名したオムツを持っていかなければならず、
オムツを記名したあと、また袋に戻せるのはとても助かるんです。

すくすくポイントのシール

パンパースの袋の裏には、景品と交換できるポイントがたまるシールが貼られています。
個人的に、このシールの改善が本当有難い!!

まず、剥がしやすくなりました!
また、剥がした後、仮にどこかに貼り付けておくにも、シールの粘着面が残りにくくなりました。

そして、スマホアプリに対応した、QRコード……
ポイントの獲得は、専用フォームにランダム英数字で構成されているパスコードを入力するのですが、
これがそこそこ長くて、打ち込むのが地味に面倒でした。
これでさっと入力できますね。

まとめ

このリニューアルと合わせて、3000g以下の新生児用オムツができましたが、
吸収体の進化がキーになったのかもしれませんね。

今後の進化として、子供の名前をプリントしてくれるサービスがあると有難いですね……
毎日のオムツへの記名は、保育園に入れているママさんたちの共通の悩みだと思います。

早く外れてほしいけど、まだまだお付き合いは長そうです。

たまにジャンキーに走りたくなるよね。食べ逃した「謎肉祭り」を実食!

たまたま入ったコンビニに「カップヌードル 謎肉祭り」が売っていました。

「謎肉祭り」は、
カップヌードルに入っているキューブ状の原材料不明の肉っぽいもの、通称「謎肉」がマシマシの、
体に悪いことこの上ないカップラーメンです。

過去に発売された時に食べたかったんですけど、タイミングを逃してしまったんですよね💧

今回は無事ゲットできました。

中身はこんな感じ。
いつもの黒っぽいキューブ状の「謎肉」のほかに、
白っぽい「謎肉2号」が入っています。

ベースはいつものカップヌードル
ちょっと麺の量も多いです。
謎肉のブロック、いつもより1回り大きいですね。
唐辛子がはいっていますが、そこまで辛くなかったです。

味は、謎肉の脂が入るためが、ややこってりしています。

謎肉はいつものパッサパサの味。
豚肉が原料なんですね。
謎肉2号は、原料が鶏肉のためか、少しフワッとして、アッサリしています。

謎肉2号、好きなんだけど、元祖謎肉があってこそ引き立つ味かも。
これだけだと、スープや他の具材に負けてしまいそうです。

ごちそうさまでした。

遅ればせながら秋を感じています。

月見バーガー実食。
秋ですね。

200円バーガーシリーズにエッグチーズができたから、アイデンティティはどうなるんだろう
なんて余計な心配をしていました。

ベーコン挟んで乗り切ったってこと?

それで2代目なのかな?
(これまでにも改あ…もとい改善は何度か行われてきたはず。)

次はグラコロですね。

横浜行ったらこれ!マーロウのビーカープリン

トーチャンが出張の帰りに買ってきてくれました。

マーロウのビーカープリンです。
みてください、このサイズ感!
たっぷり入っています。

入れ物になっている耐熱ガラスには目盛りがついていて、ビーカーや計量カップとして使えます。

ノーマルは割とあっさり味

1番人気の北海道フレッシュクリームは、生クリームが濃厚!

季節限定の栗プリン。
「すや」の栗きんとんを思わせる、栗がたっぷり入ったプリンでした。

季節限定プリンは、結構頻繁に入れ替わってるようなので、こちらもチェックですね。

ちなみに、ロゴに描かれたおっさんは、アメリカの探偵小説の主人公「フィリップ・マーロウ」がモチーフなんだとか。

横浜そごうなどで手に入るそうなので、横浜方面へ行く際は、お土産リストの中に含めてはいかがでしょうか?

デスマってるオカンがデスマーチ体験ゲームをやってみた。

その名も「Fat project」

ビレバンでトーチャンが買ってきてくれました。

ルールは簡単。

よくシャッフルしたカードをそれぞれのプレイヤーに配り、残りを山札として場に置きます。
山札の1番上のカードを見せ札として置き、
プレイヤーは、山札から一枚引くか、
見せ札を貰って新しい見せ札を山札から引くかを選びます。

カードの中央の数字を合計し、
合計が17を超えず、かつ1番点数の高いプレイヤーが勝ちです。

ブラックジャックみたいで簡単でしょ?
それに、点数はすべて2のべき乗になっているので、点数計算もしやすい。

でも、カードの中には効果付きのものがあって、それがゲームをエグいものにしています。

例えば、となりのプレイヤーへカードを押し付けられる「外部委託」。
カード自体は1点の癖に、欲張って8点のカードを引いた途端効力を発動する「過労死」などなど。

「よそからなんか来る」ことを前提に、次のカードを引くか決めなければなりません。
この闇鍋感が、とてもシステム見積もりっぽいです(笑)

3〜4人用。
2桁の計算のできる子なら遊べます。
所要時間も5〜10分とサクサクです。

他にも色々、システム開発をやっていると、胃に刺さるカードが沢山あります。
シンプルながら、奥深いゲームです。
ぜひ一度やってみてください。

「とら婚炎上」のまとめエントリに寄せて

オタク用婚活サービスの「とら婚」が炎上してますね。

主腐(既婚女オタク)の私も、注目している話題です。
ヲタクこそヲタクとくっつくべし。 - オカンハック
オタクが結婚について語ってみた - オカンハック

とら婚とは

とら婚とは、同人誌(有志が自費出版している漫画)の販売・通販サイトの「とらの穴」が運営している、
婚活サービスです。

ブリキの古いおもちゃを見て、「ガラクタ」ととるか「宝物」ととるかは価値観次第です。
価値観が尖ってるオタクにとって、価値観を共有できる人、一緒にいても干渉を適度に保ってくれる人は、
とても貴重な存在です。

オタクに特化した婚活サービスなら、価値観の合う人が探しやすくなるという期待があります。

なぜ炎上したのか

きっかけはこのTweet。

「そうだよね。」
という同意の返信とともに、

「上から目線で何様だ」
「オタク趣味を捨てろというのか。」
という返信が大量につきました。

そもそもTwitterは、アクセスする全ての人が見れるわけで、
「オタクじゃない人」「オタクだけど結婚に興味ない人」など色々な立場の人がいます。

決してバカにしているわけではないでしょうし、
色々あった末の叫びだと思いますが、
「外に目を向けよう。
少しだけ、変わってみよう。
自分の価値を客観的に考えよう。」
という意味合いを伝えたかったのだと思いますが、ちょっと書き方がまずかったのだと思います。

そもそも婚活サービスの捉え方が違っていない?

「オタクのためのサービスなのに、オタクを辞めろ、減らせというのはどういうことだ!」
という返信も見受けられました。

確かに「オタク歓迎」と謳っておきながら、
「アニメ以外にも目を向けろ。」
というのは酷かもしれません。
見かけた意見で秀逸だったのが、
『元が強いレアキャラを使えば、誰だって勝てる。
でも、排出度が高く性能が低いコモンキャラでも勝つ方法はないか、みんな探してるんじゃないか。』
というものでした。

しかし、Tweetの通り、婚活サービスは「マッチングビジネス」であり、私たちは「お客さん」であり「商品」です。

セールスマンの腕もあると思いますが、
最終的には
顧客である自分が決められるかであり、
エンドユーザーであるマッチング相手が自分という商品を気にいるか、です。

「オタクを受け入れてくれる相手」と、
「オタク以外の要素を含めて、自分自身を受け入れてくれる相手」は、
全然違います。

さらには、
「オタクをエンジョイしている」ことと
「相手のオタ活を受け入れられる」ことも、
全く違います。*1

「オタク専門」と謳うあまり、過度な期待をしてしまいがちですが、
通常の婚活においては、オタクを隠してスタートなので、隠さずオープンにできるというだけで、デート2〜3回分ほどの価値はあります(笑)
また、価値観が似ている人と出会える確率が多くなります。
機能としては、それで十分です。

加えて、「会員にオタクが多い」ということで、特化したアドバイスのノウハウが溜まっていれば、すごいと思います。

婚活サービスのエージェントさんも頑張ってくれますが、
動くのも選ぶのも、自分自身です。
空から女の子は落ちてきませんし、
曲がり角でぶつかる女の子が美人とも限りません。

まとめ

オタ婚活だろうと、自由恋愛だろうと、究極は強いやつは強いんです。
ただ、セグメントによってオッズが違うだけです。

太平洋のど真ん中で釣るか、釣り堀で釣るか。
セグメント化された婚活市場の違いは、そんなものです。

しかし、魚がうじゃうじゃいる釣り堀だろうと、
餌が腐ってたり、道具のチョイスが間違ってたり、すぐに引き上げて様子を見てばかりの駆け引き下手では、釣ることは難しいでしょう。

しかし、モテるかどうかギリギリのラインにいる方の場合、
ちょっとの勇気、ちょっとの努力、ちょっとのセグメントずらしで、
出会える可能性が格段に高まります。

そして、その「ちょっと」をどちらの方向に向かわせるかが、エージェントの腕の見せ所だと思います。

面白いサービスだと思うので、ぜひ続けていってほしいです。

*1:昔、キャラ解釈の違いでコンビの相方を刺したかどうかした、同人作家さんがいた、と聞いたことがあります。